両親に「音楽と違う道を歩みたい」と言えない人へ

こんにちは、白鳥さゆりです♪

 

音大生や音大卒業生から頂くお悩みの中で多いのがコレ。

「わたしはもう音楽ではない道を歩みたいと思っているのですが、両親にそのことを伝えられません・・・。」

音大を出たあと、音楽と違う進路を歩んで、活躍されている方はたくさんいらっしゃいます!

 

これって、とてもポジティブなことなのに、
こういう悩みを抱えている音大生や音大卒業生がとても多いんですね。

 

❑そもそもなぜ言いづらいのか

10156703466_3bd21a7900_k

音大に入学したい!と思うレベルで音楽を続けてきている人の大半は、

父親による絶大な資金援助、

母親による絶大な援護射撃、

兄弟による絶大な協力体制、

のもと、音大入学を手にしている人がほとんど。

だから、言いづらいんですね。

 

音大入学のためにかかる、高いレッスン代や楽譜代、

遠方までレッスンに行く人も稀ではないので交通費もバカにならない。

発表会に出れば、新しいドレスを用意しなければならない、などなど・・・。

 

音大を目指すレベルにまで到達するためには、幼少期からの母親の存在は大きい。

「練習しなさい!」などの母親の管理無くして、ここまでの成長は無かったはず。

 

レッスンのたびに母親が先生宅に送り迎えをし、
「いつもありがとうございます。うちの子、ちゃんと練習できておりましたでしょうか?

あーーーすみません><家でもっとしっかり私からも言っておきます。

来週も、どうか、どうか、よろしくお願い致します。」
という感じで毎回毎回ペコリペコリと自分のために頭を下げる。

 

そして、受験前は一日中楽器の練習をすることになるので、

一緒に住んでいる兄弟は『音問題』で大迷惑!笑

 

色々これまでのことを振り返ると「言いづらいよーーーーーーー(;;)」

っていう話になるわけです。

 

❑まずは自分の本心を理解することからはじめよう

8283724240_8448ddfd34_z

「なぜ、音楽ではない道を歩みたいと思ったんだろう?」

「具体的にどういう道を歩みたいんだろう?」

「私が音楽で得たものはなんだろう?」

こうやって、自分の本心と会話をしていく中で、
見えてくるものがたくさんあります。

 

❑本心が決まれば、あとは行動するのみ

自分の本心と向き合った結果、

やっぱり音楽とは違う道に進む、という覚悟ができたはず。

あとは、その気持を正直に両親に伝えるのみ!

レッツチャレンジ!

 

❑それでも・・・・できない。それはなぜなのか。

9436653177_db942bcce8_k

「それでもできません!だから相談してるんじゃないですか!」

そっかそっか、そうだよね笑

 

先に結論からお伝えしましょう。

結局ね、あなたは、新しい環境に踏み出すのが怖いんです。

 

だから「両親に言いづらい」という丁度いい言い訳を作って、動かないだけ。

両親が音楽家だから?

私が音楽教室を継がなきゃいけないから?

うちの親はそんな柔軟な考え方を持っていない?

家庭によって環境や事情が違うのは、百も承知。

 

でも、音楽以外の道に進みたい、と思ってるんですよね?

じゃあ、両親のせいにしないで、環境のせいにしないで、

動き出したら良いと思うんです。

 

あなたのご両親は、あなたの明るい未来を妨げる ”言い訳” になるために、あなたを必死で育ててきたわけじゃないですよ。

まずは動いてみて。

そしたら、新しい景色が見えるから!

 

このブログを読んで、明るい未来の第一歩のきっかけにして頂ければ、とてもうれしいです♡

 

白鳥さゆり

 

あなたのLINEに最新情報をいちばんにお届けします!

  • イベントなどのお知らせをいち早くゲットしたい
  • 将来について個別に相談したい
  • 恋愛の悩みを解決して欲しい
  • パートナーともっと上手に関係構築したい
  • 人間関係について客観的な意見が欲しい etc.

    そんなあなたは、ぜひ登録してみてください♪