音大生には、もっともっと ”違和感” と向き合って欲しい。

こんにちは、白鳥さゆりです♪ 

 

今日は、あなたが「進路」や「将来」に対して感じている

その ”違和感” から目をそらさないで欲しい、という話です。

 

世の中には ”ドリームキラー” と言われる

他人の夢を壊してしまう人が存在します。

 

「野球選手になりたい!」→「そんな夢ばっかり語らないで・・・」

「大金持ちになりたい!」→「そんなの凡人のオレらには無理なことだよ」

これがドリームキラー

 

ドリームキラーって、全然悪いことじゃなくて、

相手を心配するからこそ出てくる言葉だったりするし、
(親とかその象徴だよね)

世の中の大半のひとがドリームキラーなんですよね。

現実主義。安定志向。

 

そして、たぶん、あなたもドリームキラー

歳をとればとるほど、ドリームキラーはまわりに増えてゆきます。

 

ドリームキラーは、

他人だけじゃなく、自分で自分の夢や希望さえも殺してしまいます。

 

たとえば、

演奏家として活動している中で、

「え、こんなに練習したのに、今日の本番のお給料これだけ!?」

という違和感。

 

これに対して

「いや、そもそも仕事が多いわけでもないんだし、

 みんなこのお給料で頑張って下積みをしているんだし、

 しょうがない。引き続きこのまま頑張るしか無いんだ。うん、納得納得。」

セルフドリームキラー出てきたーーーーーー!!!!!

 

たとえば、

音大卒業後の進路を悩んでキャリアセンターに相談に行ったら

「音大卒業しても就職先ってそんなにないから

 正規雇用を望むなら学校の音楽の先生が安泰ですよー。」

と言われ

「え、こんなに人生かけて頑張ってきたものがあるのに

 わたしの将来の選択肢ってこれしかないの!?」

という違和感。

※学校の先生、という選択肢自体は、わたし大賛成ですよ!

これに対して

「確かに、先輩たちもみんな学校の先生になっているし、

 私にもこの道しかないんだ。しょうがない、しょうがない。」

セルフドリームキラー出てきたーーーーーー!!!!!
(2かいめ)

 

違和感から逃げるのは楽です。

ほとんどの人が、

無意識のうちに違和感から逃げるクセがついています。

 

でも、それは、後退を意味しています。

人間は変化し続けない限り退化するから。

 

だって、何もしないでほっといたら、おっぱい垂れてくるでしょ。

垂れ始めたときに全員が違和感を覚えるはずで、

その違和感ときちんと向き合えば、

腕立て伏せをするし、エステに行くわけです。

 

でも、ほとんどの人が、それをしない。

だって、みんな垂れてるから。

だから、わたしも垂れてOK。

そういう思考になってしまっている。

 

みんな一緒が安心。

出る杭は打たれるし、

変わったことをしようとすると

良い顔をしない人が出てくる。

 

でも、それじゃあ、

”音大卒”ってめちゃくちゃお金かかってるし

練習も大変だった割に

将来のリターンが無いよねーーー

っていうドリームキラーに、勝てないじゃないですか!

 

そんな常識、変えていきましょうよ!

 

お給料が低い、と違和感を持ったのなら、

「どうしたらもっと演奏活動でお金を生み出せる!?」

と考えてチャレンジしたら良いし、

音大卒業後の進路の選択肢が少ない、と違和感を持ったのなら、

「どうしたらもっと選択肢が広がる!?」

と考えてチャレンジしたら良いんです。

 

そんなあなたに対してドリームキラーは出てくると思うけど、

大丈夫。

前にもお伝えしたけど、

人はそんなにあなたに注目していないから。

ちゃんと頑張ってたら、人からディスられることなんてそうそう無いよ

 

何より、私があなたの応援団になります!

 

 

白鳥さゆり
 

137290096_4a245e9a44_b

 

あなたのLINEに最新情報をいちばんにお届けします!

  • イベントなどのお知らせをいち早くゲットしたい
  • 将来について個別に相談したい
  • 恋愛の悩みを解決して欲しい
  • パートナーともっと上手に関係構築したい
  • 人間関係について客観的な意見が欲しい etc.

    そんなあなたは、ぜひ登録してみてください♪