演奏家として、月100万円稼ぐ気ある?

こんにちは、白鳥さゆりです!

さて、前回の記事はとてもとても反響がありまして、

音大生や音大卒生から、それだけでなく、各方面から、

「感動した(;;)!!」「共感しすぎてやばいです!」などなど、

とても胸が熱くなるメッセージをたくさんいただきました!

 

いきなりですが、演奏家、もしくは音楽教室経営を、されている方、される予定の方、

その仕事で、月収100万円、稼ぐ気ありますか???????????

 

「え、そんなこと考えたこと無い!」

って人!!!!!

 

それはね、すでに比較の呪縛にかかってますよーーーー! 

※比較の呪縛についてはこちらの記事を。

 

わたしはいろんなところで再三「音楽家で生計を立てるのは難しい!だって仕事がないんだもん!」という話をしていますし、

世の中的にもそういう認識の人が多いと思います。

音楽家が生計を立てていくために仕事が多くないのは、たしかに現実。

 

でも、音楽家が生計を立てられない一番の理由は・・・・

その音楽家であるあなた自身に稼ぐ気がないから

 

なんですよね!
※「稼ぐ気がない ≠ やる気がない or 頑張っていない」ではないので勘違いしないで。

音大卒がとてもがんばり屋さんということは、私が誰よりも理解しています。

 

音楽家になる、と決めた時点で、音楽教室を経営する、と決めた時点で、
 「生計立てられないかも知れない・・・」
「生徒さん集まらないかも知れない・・・」
「まあ、バイトしながらとりあえずやっていければいいか・・・」
「私にはこの選択肢しかなかったんだから、とりあえず進んでみよう・・・」
って、考えてませんか?

 

その思考が、あなたの稼ぐ可能性を全て、シャットダウンしているんですよ。 

 

あなたが音楽で稼げないって、誰が決めたんですか?

友達?
親?
先生?
それとも世の中?

そんな周りの声に、ぜったい負けてほしくない!
稼げるかどうか、決めるのは自分自身!

 

月収100万円稼ぐことを目指さなきゃダメだよ!と言いたいわけじゃなくて、

仮にあなたが月収100万円を本気で目指す、と決められたのならば、

あなたの思考は「じゃあどうする!?」に変わり、

月収100万円に向けて、 自分が思う最短の努力をするはずです。
そこを目指して、音大卒の強みである「継続!努力!」ができさえすれば

気づいたら、月収20万、気づいたら、月収30万、

自分で生活をするだけの仕事は、簡単に達成することができるんです。 
音大生は本当に優しくていい子が多いので、

「稼ぐ」とか「お金」とかっていう言葉が あまり好きじゃない、という人が多いんだけど、

稼げる = 社会に必要とされている

ってことなんだから、もっと堂々と、稼ぐことを決めて、

社会に対して、正しい努力しませんか?

 

音大生のうちに仮に「わたしは演奏家になって絶対月100万円稼ぐ!」

って決められたらそのひとは本当に強いと思います。

 

こういう決断ができるかどうか、これが、将来の進路を考える、ということなんです♪

 

白鳥さゆり

ダウンロード (1)

 

あなたのLINEに最新情報をいちばんにお届けします!

  • イベントなどのお知らせをいち早くゲットしたい
  • 将来について個別に相談したい
  • 恋愛の悩みを解決して欲しい
  • パートナーともっと上手に関係構築したい
  • 人間関係について客観的な意見が欲しい etc.

    そんなあなたは、ぜひ登録してみてください♪